二重手術おすすめクリニック2019

大きくパッチリとした二重まぶたは一重が一般的な日本人なら、誰しもが憧れます。
需要に答えるため多くのクリニックが二重手術を提供していますが、いったいどこのクリニックがいいのでしょうか?

そこで、この記事では各クリニックの特徴とメリットを紹介していきます。

さらに二重手術の種類についても解説しますので、まったくの初心者の方が基礎知識を学ぶのにも最適な内容となっています。

二重手術でおすすめクリニック

ガーデンクリニック

ガーデンクリニックは美容整形から脱毛、ワキガ手術まで幅広い女性の悩みに対応する美容クリニックです 。
全国に7店舗を展開しており、それぞれの店舗が違った強みを持っているのが特徴です。

利用者によって希望する形が色々ある二重手術。
西洋ドールのようなパッチリした二重や堀が深く目が大きく見える奥二重など様々です。

ガーデンクリニックでは利用者が望む二重の形を徹底したカウンセリングで明確にし、満足行く結果が出られるよう対応してくれます。

また二重手術では他店に無い独自の施術法を受けることが出来ます。
二重手術の中でも人気のある埋没法をさらに進化させた独自の「ナチュラル法」が評判で、より自然な仕上がりを求める方におすすめです。

表参道スキンクリニック

このクリニックの二重手術の特徴はオプションが豊富なところです。
単純に二重にするだけでなく、上まぶたの脂肪を除去することでスッキリした二重にすることができます。

二重の状態を長くキープしたい場合には、「全切開法」という施術を行うことで半永久的に二重を維持することもできます。

この他にも二重に関連する施術が提供されており、 色々な施術法から自分に合ったものを選びたい方にはおすすめのクリニックです。

また施術に関して保障が付いているのを見逃せません。
15,800円の保証費用を払えば、施術後1年間は糸が取れるなどトラブルがあっても無料で修正処置を受けられます。

もとび美容外科クリニック

施術中の痛みや精神的不安に配慮がなされたクリニックです。
気になる二重手術には独自施術を含む11種類の手術プランが用意されています。

注目したいのは、このクリニック独自の施術法である「もとびアイプラチナム」です。

メスを一切使用しないのに、戻りにくく患部が腫れにくい。
その秘密は腫れにくい糸を使い、まぶた全体を縛って二重を作るので、まぶたを抑える力が分散し型崩れが起きにくいのです。

施術が効果的でも本当に自分に合ったものか分からず不安な初心者の方に向けて、もとび美容外科クリニックでは施術の前に無料のカウンセリングを用意しています。

そこで施術の内容や価格について話をじっくり聞けますので、不満な点があれば施術を見合わせることができます。
もちろんカウンセリング中は質問も可能です。

湘南美容クリニック

10年以上も二重手術を提供している実績のある「湘南美容クリニック」。
日本でも有数、年間7万件を超える二重手術を行っています。
リピーター率も90%に達し、技術とサポートは確かなもの。
他クリニックよりも保証期間が3年と長く、安心して利用することができます。

湘南美容クリニックの二重手術の特徴は利用者の目に合った二重にしてくれること。

公式サイトに掲載されている手術前後のサンプル写真から、「左右で大きさの違う目」や「目のサイズが小さい」などそれぞれ違った目を魅力的に変えるこのクリニックの技術の高さが分かります。

「自分の目が気に入らない、でも具体的にどんな形にしたらいいのか分からい」
そんな方に最適なクリニックです。

東京形成美容外科

東京形成美容外科の二重手術は11年のキャリアを持つ院長が手がけます。

院長は二重の症例数だけで4万件を超えており、公式サイトのトップでも「目元の施術はおまかせ!」と記載するほど二重手術に自信を持っています。

その実績から芸能人やモデルの施術も担当してきました。
豊富な施術経験から利用者に最適な施術プランを提案してくれるのも、このクリニックの利点のひとつです。

クリニック内は利用者の不安を取り除くようリラックスできる内装デザイン。

待合室は個室になっているので他の利用者と顔を合わせることが少なく、プライバシーに対する配慮もしっかりしています。

二重手術では事前に行うカウンセリングに力を入れています。
利用者が持つ漠然としたイメージをシミュレーションで具体的に提示してくれるので、施術後どうなるのかをあらかじめ知ってから施術に望むことができます。

また、目元だけでなく顔全体のバランスが整うよう配慮してくれるので一段上の仕上がりになります。

東京ヒルズクリニック

利用者が満足できる施術とするためにカウンセリングは実際に施術を行う担当医が行う丁寧な対応が魅力のクリニックです。

すべての施術は日帰りで終わりますので気軽に受けられます。

店内は高級感ある内装となっており特別な雰囲気を味わえる。
お茶やスイーツが振る舞われ、気分はセレブ。
不安な点があればLINEで問い合わせや予約ができるユーザビリティの高さもあります。

二重手術は切らない糸を利用した埋没法を採用しています。
この方法だと、二重になりにくい重度の一重でも整った二重にできます。

毎日アイプチでしのいできた方に最適な二重手術でしょう。
さらにヒアルロン酸注射を涙袋にすれば効果的にデカ目にすることも可能です。

一重と二重のまぶた

日本人やモンゴロイド系の人種はまぶたに厚みがある方が多いです。
これは日本人のまぶたの皮下脂肪が肥厚しやすい傾向があるためで、日頃のスキンケではどうすることもできません。

まぶたの皮下脂肪に厚みがあるとまぶたは二重になりにくいです。
二重というのは、まぶたのたるむことで発生するので、皮下脂肪でパンパンに張ったまぶたが一重となるのは仕方ありません。

しかしハリウッドの役者さんの大きくてキレイなパッチリした目に憧れて二重を夢見る方は大勢います。

その要望を受けて手軽に二重にできる商品から高度な二重手術まで様々な二重関連の商品が今もリリースされ続けています。

まぶたの仕組みについて

一重と二重では、まぶたの動きに違いがあります。
一重の方が二重手術を受けるとこの動きが変わり、結果として大きく顔の印象が違って見える場合があります。

この見え方の違いが二重になる目的である方もいるでしょうが、知らない方はここでしっかり把握しておきましょう。

まぶたが上に上がるには上眼瞼挙筋と呼ばれる上まぶたの縁にある筋肉が縮まなければなりません。
この筋肉の影響が二重を作る鍵となるのです。

一重まぶたの場合、この上眼瞼挙筋の動きが厚い皮下脂肪に吸収されてまぶたに伝わりません。
そのため、まぶたが折り重なることなく、そのまま上に上がってしまいます。

さらに一重の方に都合が悪いのが蒙古ヒダの存在です。
蒙古ヒダは目頭付近にあるヒダなのですが、これが目が大きく開かれるのを抑え込んでしまうので、本来なら大きく開かれるはずの目が小さく細い感じになります。

逆に、まぶたの皮下脂肪が少ないと上眼瞼挙筋の引っ張り力がまぶたに伝わるため、目を開くと自然と目の上部が折れ曲がり二重となります。

二重まぶたの種類

女性であれば理想のアイラインがあるでしょうから知っていると思いますが、実は二重まぶたには2つのタイプがあります。

二重手術をする前のカウンセリングで説明があると思いますが、事前にしっておけば話がスムーズになりますので、ここで確認しておきましょう。

一般的な平行型

目の輪郭に平行に沿った形で出来る二重まぶたを「平行型」と呼びます。

目から少し離れたところに二重のラインができるので目が大きく見えるのが特徴です。
欧米人の間で特に目立つ二重で、世界的に見ると二重といえばこの形です。

アジア人に多い末広型

目頭から目尻に向かうほど二重のラインが目から離れていくタイプの二重が「末広型」です。
このタイプの二重だと、スッとした印象を与える目になります。

日本人の二重の多くがこのタイプと言われていますが、その秘密は蒙古ヒダにあります。
蒙古ヒダがまぶたの動きを制限するので目頭付近の二重ができにくいのです。

二重まぶたの治療法について

二重手術で二重になる仕組みは意外とシンプルです。
基本的な考え方は、自然の二重のようなまぶたの皮膚の重なりを作るというもの。

そのために、まぶたの縁から6~10mmほど上のところに溝を作ります。
この溝と目を開いた時のまぶたの皮膚が重なって二重に見えるようになるのです。

腕の立つドクターなら、この溝をなるべくまぶたの皮膚の薄いところで作ります。
その方がクッキリと目立つ二重ができるからです。

ただ皮膚が薄いところを治療すると、その後に炎症などの副作用が起きやすいデメリットがあります。

この溝の作り方次第で二重の仕上がり具合が決まるので事前のカウンセリングで適切に施術を調整できるよう、しっかり話し合ってください。

埋没法

手軽にできる二重手術として最も頻繁に行われている施術方法です。
まぶたに二重のラインを通る2箇所ほどの切開創を設けて、そこの皮膚と瞼板を分解されない医療用の糸を使って縫います。

これにより、まぶたの皮膚が目を開いた時に折れ重なるようになります。

メスを使わない安心感と価格も3万円程度と安く、施術時間も短く日帰りが可能なので昔から人気の二重手術です。

しかしデメリットもあります。
まぶたの皮下脂肪が厚い人は施術後に二重のラインが目立たなくなったり、上まぶたにたるみがある人は上手く二重のラインが出なかったりします。

特に健康上問題になるのが縫い付けた糸が結膜や眼球に到達して、眼球を傷つけたり、結膜で炎症を起こすトラブルになることです。

手術後のトラブルには注意が必要です。
対応が簡単でないケースがあります。
問題となるのは手術後1ヶ月以上経って目の不快感が強いので糸を抜いて欲しいという場合です。

時間が経つほど糸を取り出すのは難しくなります。
まず糸を見つけるのが非常に困難です。

もし糸が見つかったとしても、無理に取り出そうとすると筋繊維を痛めて、最悪の場合はひきつれなど跡が残ることになります。

部分切開法

メスを入れる代わりに埋没法よりキレイな二重になる二重手術です。
まぶたの中央または両端の一部だけを切開するので負担が軽く、クールダウンに要する時間が短くて済みます。

手術内容と手順は次の通りです。
まず二重を希望するラインをまぶたに書き、そこを切開して上眼瞼挙筋と切開部の皮膚を医療用糸で縫い付けます。

この際、まぶたをスッキリさせ二重のラインがクッキリ出るように切開部の脂肪吸引をすることも可能です。
まぶたのたるみが気になる方は脂肪吸引した方が二重のラインがキレイに出ます。

切開法

部分切開法とは異なり、まぶたの端から端まで切開して、しっかりとしたラインを形成する二重手術です。
切開した箇所は皮膚と瞼板または挙筋腱膜に結合させます。

この際、まぶた全体から脂肪を吸引できるので部分切開法よりハッキリした二重になります。

また、縫い付けた糸は後で抜き取るので目の付近に違和感が残ることはありません。

この手法のメリットは半永久的に二重になることと、手術跡が二重に隠れるので整形したことがバレにくいところです。

他の二重手術で成果が出なかった方でも効果が期待できる点も大きなメリットのひとつでしょう。
ただしダウンタイムは1番長くかかります。

確実に二重になれる手術を希望する人や、二重手術で大きな目になりたい方に向いている手術方法です。

埋没法でできた跡を消す方法

埋没法の手術を受けた場合、目頭切開などのように瞼を切るわけではなく、針と糸を用いてまぶたを持ち上げるため、手術後の後はほとんど目立ちません。

しかし瞼に糸を縫い付けるわけですから糸が見たてしまうことがありますし、手術の影響で術後に瞼が腫れてしまったり内出血が起こることがあり、腫れや内出血を跡と捉える人が大勢います。

腫れや内出血などの跡は基本的に時間と共に徐々に消えていくため心配する必要はありません。もしも腫れや内出血を最小限に抑え、すぐに直したい場合には手術後に安静に過ごしたり患部を冷却したり。保護したりするのが有効です。

概ね腫れや内出血等の手術跡は手術が終わって数時間から2日間が最も生じやすくなります。手術当日は絶対安静に過ごすと共に患部を適度に冷却し、入浴もしないように気をつける必要があります。

体温や血圧が上がると腫れや内出血が生じやすくなるため、血圧を上げる高塩分の食事を控えることも有効です。

また目を保護するという意味では伊達メガネなどの活用するのも良いでしょう。伊達メガネは保護に加えて跡を目立ちにくくする役割も期待できるので一石二鳥の効果が期待できます。

埋没法でできた跡はどのぐらいで消えるか?

埋没法で跡ができた場合、基本的に患部を保護し、ドクターから処方された薬を正しく服用することで自然と消えていきます。

傷が消えるまでの具体的な期間ですが、個人差はあるものの概ね2週間から1ヶ月程度が目安となっています。

手術後に腫れや内出血が生じてしまった場合でも1ヶ月も経てば消えるので不安になれず気長に消えるのを待ちましょう。

もしも1ヶ月以上経過しても跡が消えない場合には手術を受けたクリニックに相談し、再診を受けましょう。

1ヶ月以上経過しても跡が消えない場合、手術自体に問題があったり、糸が馴染んでいない、糸の締め付けがきつすぎるなどが原因として考えられます。

このようなトラブルが生じた際にしっかりアフターケアを行っているクリニックを選んでおくと安心です。

埋没法の赤い点ができる理由

埋没法の手術を行った際、手術後に腫れや内出血とは別にやや目立つ感じの赤い点ができてしまうことがあります。なぜ埋没法の手術跡には赤い点が生じるのでしょうか。

赤い点が発生するからくりですが、埋没法の手術方法にあります。埋没法は糸で瞼と引っ張ることで目を大きく見せる手術なのですが、瞼に糸を入れる際に針で小さな穴を開けます。

皮膚に穴を開ければ当然出血して赤くなるため、手術後に赤い点として残るのです。

例えば予防接種などを受けた後には注射を刺した箇所に赤い点ができます。埋没法の術後に生じる赤い点は注射の跡のようなものだとイメージすると良いでしょう。

なお注射の跡などは皮膚の表面に穴を開け、血管に針を指しているため比較的傷は浅く、1日程度で消えるのがほとんどである一方、埋没法の場合は瞼の奥深くまで針を刺しているため傷が深いという違いがあります。

埋没法によって生じた赤い点は正しいケアをしていれば自然と消えますが、消えるまでには1週間から1ヶ月程度の期間がかかることを覚えておきましょう。

手術後は安静に過ごすと共に患部を適度に冷やすことで赤い点が発生しにくくなりますし、発生した場合でも比較的短期間で治すことができます。

注意するべき埋没法の赤い点

埋没法の手術後にできてしまうことが多い赤い点は、基本的には自然と消えるため心配する必要はありませんが、赤い点がしこりを伴う場合には要注意です。

瞼の裏側は非常に柔らかいため、基本的には埋没法を受けた影響でしこりができることはありません。

しこりが生じてしまう原因としては糸がきつく食い込みすぎてしまい、瞼の内部で炎症が肉芽などが生じてしまっていることが考えられます。

炎症や肉芽などは放置しておくと瞼に不自然な歪みを作ってしまう危険性がありますし、膿などが生じてしまうことも懸念されます。

もしも長期間赤い点が消えない場合や赤い点の部分が不自然に膨らんできた場合、しこりを伴う場合にはできるだけ早めに手術を受けたクリニックに相談をしましょう。

埋没法が安定するのにかかる期間について

埋没法は日帰りで気軽に受けることができる手術ですが、手術直後にパッチリとした二重まぶたが手に入るわけではありません。

腫れや内出血が治まり、糸が瞼に馴染んで埋没法が安定することでようやくイメージしたような二重まぶたを手に入れることができます。

なお埋没法が安定するまでにかかる期間ですが、個人差が大きく影響し、概ね1ヶ月から3ヶ月程度かかります。埋没法がその人にあっているかどうかや、瞼の厚みや形状、脂肪の量などが関係してきます。

一般的に瞼の厚みが少なく脂肪の量が少ない人ほど早く安定し、厚みや脂肪の量などが多い人ほど安定するまで時間がかかる傾向にあります。

埋没法の手術を受ける前には多くのクリニックでは無料カウンセリングを実施しています。

無料カウンセリングでデザインのイメージを画像などで具体的に示してもらうと共に、疑問点などがあれば質問をして解消しておきましょう。

埋没法が安定しているか判断する

瞼の形がイメージしていたような感じになれば埋没法が安定したと判断して良いでしょうが、安定するまでの期間には個人差がありますし、人によっては安定したかどうかの判断がしにくい場合があります。

埋没法は手術によって瞼に埋め込んだ糸が埋没することで安定します。
もしも糸が埋没しきっていない場合には、

  • 目の周辺に腫れや内出血が見られる
  • 目元にむくみが確認できる
  • 瞼に厚ぼったさがある
  • 二重になっていない

などの症状が見られます。
これらの症状が生じている場合にはまだ安定していないと考えられますし、逆にこれらの症状が見られない場合には埋没法が安定していると考えられます。

埋没法が安定するまでには個人差がありますが、術後は激しい運動などはできるだけ控え、伊達メガネなどを活用して瞼の保護に努めることが早期に安定させるために重要となります。

埋没法の一点止めとは

埋没法は瞼の内側に特殊な糸を埋め込み、瞼を引っ張ることでパッチリとした目を手に入れる美容整形術です。

具体的には一重まぶたの皮膚下に糸を埋め下から引っ張り上げて層を作ることで一重まぶたから二重まぶたへと変えるからくりとなっています。

単純に下から引っ張るだけでは重力で瞼の形が元に戻ってしまうため、引っ張り上げた糸を瞼の端で固定する必要があります。

何箇所で引っ張り上げた糸を固定するのかによって固定方法の名称が変わってくるのですが、糸を一箇所で固定する方法が最もポピュラーで利用されており、この方法を「一点止め」といいます。

一点止めは糸を止める箇所が少ないため、穴を開ける箇所が少なく、手術の際の負担や手術後のダウンタイムが短いなどのメリットがあります。

2点止めなどとの違い

埋没法で埋め込んだ糸を固定する箇所については、1箇所で固定する「1点止め」が最もポピュラーですが、1点止め以外にも2点で固定する「2点止め」や3点で固定する「3点止め」、さらにクリニックによっては4点止めや5点止めなどを利用することもあります。

1点止めと複数のポイントで固定する2点止めにはそれぞれメリットもあればデメリットもあります。1点止めは穴を開ける箇所が少なくて済むので、傷跡が残りにくかったり、ダウンタイムなどが短いなどのメリットがあります。

その一方で固定するポイントが少ない分二重が安定しにくいですし、手術後に瞼の状態がもとに戻ってしまう危険性も高くなります。

一方で2点止めなどの複数のポイントで固定する場合、皮膚が厚い人や瞼が厚ぼったい人、瞼の脂肪量が多い人でも埋没法の手術が可能ですし、二重が安定しやすいメリットがあります。

一点止めと比較してよりくっくりした二重まぶたを手に入れやすいですし、長期間二重まぶたをキープしやすくなっています。

その一方で穴を開ける箇所が増えるため、手術後に跡が残るリスクが高くなりますし、ダウンタイムも長くなります。また手術の費用も高額になりがちなどのデメリットもあります。

埋没法は目頭切開などと比較して術後の後が目立ちにくいですし、ダウンタイムが短いなどのメリットがあります。

手術も日帰りでできますし、初めて美容整形をする人でも比較的安心して手術に望むことができます。

一方で1ヶ月程度のダウンタイムが必要であることや、術後には一定期間跡が残ることを理解し、アフターケアが盤石なクリニックを選ぶことが大切です。

埋没法のメリット・デメリット

埋没法のメリット

  • 切開法と比較して費用が安い
  • 手術時間が短い
  • 二重手術後、早めに日常生活に戻れる
  • 糸を抜けば元の目に戻すことも可能
  • 二重の幅の変更も簡単にできる

埋没法のデメリット

  • 二重が取れて、元の目に戻りやすい
  • 目を擦るだけで二重が取れる可能性あり
  • 瞼がはれぼったいと二重手術後より腫れぼっ
  • たくなることもある

切開法のメリット・デメリット

切開法のメリット

  • 二重手術は一度やると元に戻りにくい
  • 目を擦っても問題なし
  • 脂肪吸引で瞼の腫れぼったさを軽減する
  • はっきりした二重のラインができる
  • 自然な仕上がりになる

切開法のデメリット

  • 埋没法と比較して費用が高い
  • 手術時間が長い
  • 二重手術後に腫れる期間が長い
  • 二重手術後、1週間後に抜歯するまでメイクができない
  • 一度やると一生元に戻らない

二重の手術方法で病院を選ぶ

二重手術を受けるなら、まずは自分がどの手術方法で二重になりたいのかよく考えて選びましょう。あなたはどのような内容で二重になりたくて、どのような手術を望んでいるでしょうか。

低価格で手軽さを取るなら「埋没法」

低価格な手術代で、手軽に二重になりたいなら埋没法です。埋没法とは糸で止めて二重にする方法で病院によっては10分以下の時間で、あっという間に手術が終わります。

顔にメスを入れるような怖い思いをすることなく手軽に手術ができ、また元に戻すことも可能なので、不安も少ないでしょう。リスクが少ない二重手術として人気なのです。

お値段も病院によっては両目で20000円以下という驚くべき価格で受けられたりもします。おまけにメスを入れないので、術後瞼が思いっきり腫れるという心配もありません。

ですからすぐに日常に戻っていける非常に便利な二重手術方法といえます。この手軽さの埋没法で二重にしたいなら、埋没法で有名な病院を探してください。

半永久的に二重でいたいなら「切開法」

とても魅力的に見える埋没法ですが、欠点があります。それが一生二重ではいられないことです。

手軽にできる分、埋没法はすぐに二重が元に戻りやすいという問題点があります。それが嫌で半永久的に二重でいたいなら切開法を選びましょう。

切開法は半永久的に二重を維持できる二重手術方法です。瞼を切ることによってくっきりとした二重ラインを作れます。

メスを入れるので、気軽にはできず術後後の痛みや腫れは感じやすいでしょう。しかし、それでも二重の維持能力の高さで選ぶなら切開法で有名な病院を探しましょう。

脂肪吸引で済みそうなら「脱脂法」

人によってはまぶたが脂肪で重く、その脂肪を取り除くだけでくっきり二重になれる人もいます。脂肪吸引だけで済みそうなら、脱脂法で二重手術ができる病院を探しましょう。

ただ素人であるあなたが自身で判断することはできません。脂肪吸引だけで済みそうかどうか、まずは病院で聞いてみてください。

脱脂法は他の手術と組み合わせて利用することもありますね。まぶたが脂肪で重たいタイプの人はこのような方法を採用することもできるでしょう。個々に合ったベストな二重手術をしてくれる病院を探しましょう。

安心して施術が受けられる場所で選ぶ

二重手術をする場合、安心して施術が受けられる場所で選ぶものいいですね。それでは安心して二重の手術ができる病院の選び方をご紹介します。

二重シュミレーションができる病院がおすすめ!

二重になるなら、やっぱりできる限り自分の思い通りの二重になりたいですよね。二重手術をするからには、二重の理想はあると思います。

しかし、実際の二重にしてみたら「思ったのと違った」という失敗もあるのです。だから結局はシュミレーションが大事なのですよね。

安心して施術が受けたい方は「二重シュミレーションができる病院」をお選びください。二重シュミレーションとは自分の顔を二重にした場合にどのようになるのかシュミレーション画像を見ることができるものです。

このシュミレーションがしっかりでき、二重手術を受けた自分をその目にしてから手術を受けられる病院を選ぶことをおすすめします。これなら後で後悔することは少ないでしょう。

親切な接客対応を感じた病院がおすすめ!

カウンセリングを受けたときは必ずその病院の接客態度を見ておきましょう。なるべく親切にしてくれる病院を選んだ方が正解です。

あなたの悩みやあなたの話をしっかり聞いてくれ、時間を取ってカウンセリングしてくれる病院の方が誠実度が高いからです。

実際、そのような病院の方が安全で、丁寧な施術を行ってくれる場合が多いですね。そんなわけで、カウンセリング中のスタッフの対応を見て選びましょう。

手術後のフォロー体制が整っている場所で選ぶ

二重手術を受ける場合には手術後のアフターフォローも大切です。フォロー体制が整っている場所を選んだ方がずっと安心できますよ。

手術が終わったからといって、「はい、さよなら!」するような病院は後々トラブルになりやすいです。そうではなく、きちんと最後まで面倒を見てくれる病院を選んでおきましょう。

保証をきちんとしてくれる病院を選ぶ

整形手術は割とポピュラーな二重手術でも100%成功するとは限りません。整形に失敗は付き物です。

そしてそういうことがあったときにきちんと保証していくれる病院なのかどうかはとても重要になってくるのです。

二重手術がうまくいかなくて再手術になった場合の保証をしてくれる病院を必ず選びましょう。時折病院の失敗なのに再手術をするのに、再度費用がかかってしまう病院もあります。

ですから再手術に対する保証などをしっかり確認して、保証がある病院を選んでください。保証内容はもちろん、保証期限もあるのでそこも確認していおくと安心です。

アフターフォローが充実している病院を選ぶ

アフターフォローなども充実している施設を探すといいですよ。アフターフォローがない病院だとその後何かあっても放置されますからね。

その病院にどんなアフターフォローがあるのがしっかり確認して、病院選びをすることをおすすめします。

手術後、いつでも連絡が取れ、相談することができるようなアフターフォローがあると後々のさまざまな不安も解消されるでしょう。

アフターフォローが無料の病院を選ぶ

上記でご紹介したアフターフォローが無料だと尚いいです。無料でアフターフォローしてくれるサービス精神がある病院を選びましょう。

有料のアフターフォローはフォローとはいえないです。無料でアフターフォローが充実している病院が一番でしょう。

支払いの選択肢が多い病院を選ぶ

二重手術は支払い方法なども重要。支払い方法は多ければ多いほどいいです。

その支払い方法の中からあなたが一番支払いをしやすい方法を選ぶことができますからね。これもフォロー体制が整っていると感じますよね。

支払い方法が少ないと、支払いの選択が狭まり、自由度が低下します。手術後の支払いの仕方も選択肢を増やしてくれる配慮がある病院がいいですね。

まとめ

このように手術を受ければ、いろんな方法で二重にすることができます。自分がどの方法で二重になりたいのか、またどんな病院を選べば安心して最後まで二重手術ができるのかじっくりお考えください。

理想通りの二重になるためには病院選びが重要になってきます。ぜひこちらの情報を参考に素敵な二重手術の病院をお探しください。そしてコンプレックスだった一重まぶたから念願の二重まぶたに生まれ変わってくださいね。

サイトマップ